過払い金返還請求は早めに

先日の武富士の破産にびっくりした方も多いと思います。

実は過払い金い市場は年々縮小傾向にありますので、もし該当する方がいた場合、早めに裁判を起こしたほうが良いと思います。

その理由としては、消費者金融の過払い金返済能力の現象にあります。

武富士の例1つとっても、会社の利益や預貯金を大幅に上回る過払い金返還請求により、会社自体を破産せざろう得ない状況におちいった経緯があります。

業界No1の武富士でさえこういった状況ですので、その他の消費者金融の状況も想像に苦しくないと思います。

そういった中、弁護士や行政書士を中心とした過払い金返還請求裁判は加熱しており、会社が破産擦る前に返してもらうえるものは早めに訴訟しようといった傾向が強くなってきております。

また近年ではテレビCMで過払い金返還を呼びかけたりと、請求する側もラストスパートに入ってきております。

過払い金返還報酬の上限を設定

近年、過払い金返還請求を取り扱いする弁護士の中に、消費者から莫大のお礼金を受け取ってトラブルになるパターンが増えてきております。

これは実際に具体的な金額のガイドラインが設定されていないために、弁護士事務所によってその報酬の金額が天と地の差があるのが原因ではないかと言われております。

せっかく過払い金裁判で100万円取り返しても、50万円を弁護士に取られてしまっては、それはトラブルにもなると思います。

そこで、最近では弁護士会が主導して、金額のガイドラインを設定する動きが加速しているように感じます。

そうすることにより、相談者はおおよその金額を理解することができますので、裁判後に得られる額面が予想しやすくなります。

ただ、こういったガイドライン設定に関しては今更感もありますが、今後、過払い金返還請求訴訟の駆け込み需要が増えてくると予想されますので、早いうちに設定することを望みます。

お役立ちリンク